*

ふと気がつく、今という不思議さ。

公開日: : アメリカ生活, 日々の小話




 

*日曜日に書きました。UPするかどうか迷ってたら、日曜日のタイミングを逃しちゃいましたが、それでも良い感じの文章に纏まったので、そのままのUPです。

 

信じられない程肌寒い、8月後半のセントラルペンシルバニアの夏。

ちょっとした日差しをも楽しみながら、寒がりのマリナに準備したスープを片付けながら、食器等の洗いものをしつつ、ふと気がつくことがありました。それは、”今”という不思議さ。そして、信じられない様な”今”の日々。

 

「人は、望むように未来を変えることができる」

とか、あるいは

 

「イメージしない未来は存在しえない」

とか、未来に関しての”イメージのチカラ”については、それなりに本で知識も得て、いろんな人達とも語りあって、実体験としても感じられる様になってきたのだけれど、30代にも入って、日曜日に窓からの日差しを感じながら、お皿を洗ってる姿は、ぶっちゃけ想像していませんでした。

 

仕事で結果を出し、お金には一切の心配をせずに、事業が趣味と言い切れるだけの日々を理想としていた20代。お金が全てと思っていた時期もあったし、”稼げるチカラ”こそが、人間の価値だとすら思っていた頃もあるのです。そんな、”生き急いでいた”ような俺が、一時的にしろ辿り着いた日々が、主夫。

 

嫁のためにご飯を作り、そして食器を洗って、掃除もする。

こんな未来があるなんて、10年前の20歳になったばかりの俺に伝えても、絶対に信じないだろうし、逆に言えば、信じたくないって言っちゃうのかもしれません。不思議と思いながらも、僕にはまだ迷いもあるわけで。

 

それでも、

「先が見えてしまう様な人生は送りたくない」とか「レールに乗っかる人生は仕方ないとしても、そのレールは自分が敷くんだ」と豪語していた過去からみれば、今の、”全く先が見えない人生”は、或る意味では望み続けたものなのかもしれません。

 

だからこそ、迷いながらも絶望はせず、落ち込みながらも希望は持てているわけで。

 

 

衣食住に困っている訳ではありません。

自己責任の国のアメリカに住みながらも、日々の安心を確保できるだけの保険には入れているし、無茶をしなければ、好きな場所にドライブ旅行するくらいの金銭的余裕はあります。贅沢はできないけれど、生きるために切り詰めるという必要もない日々。

 

それでも、いや或いはだからこそ、迷いながらの日々の中、こうしてゆっくりと”今という瞬間”の不思議さを楽しむ事ができるのかなぁと。

 

もう少しで31歳。

ブログを始めた時にも書いたけれど、そろそろ”不思議な日々”から抜け出すタイミングがきているのかもしれません。

 

2010年にマリナと結婚したと時、写真の様なお茶目なポーズを取った時、今の様な未来は想像できていませんでした。それでも、お互いの夢を尊重しつつ、イスラエルと日本という母国にいる家族も大切にしつつ、そしてお互いにとって異国であるアメリカで、文字通りゼロから全てを築こうとしている僕らを応援頂けたら嬉しいです。

 

im1.shutterfly

Sponsored Link

+ + + + + + + + + + + + + + + + + + +
ブログランキングに参加しています!
クリック頂けると嬉しいです。明日も頑張れます。

育児 ブログランキングへ
+ + + + + + + + + + + + + + + + + + +
= = = = = = = = = = = = = = = = = = =
*コメントを書いた後、エラーになる事が確認されています。もしエラーになった場合は、CONTACTから直接メッセージを頂けますと助かります。
*Sometimes, this blog blocks your comment and display an error message. In that case, please send me your comment by filling the Contacts Page above and clicking the button showing "送信". Thank you !
= = = = = = = = = = = = = = = = = = =

関連記事

自分の人生を生きる。

  生き甲斐だった仕事を失い、無職になってから14ヶ月ほど過ぎました。 ビザの

記事を読む

主夫 ……キツいわ。

  久々に後ろ向きのブログ。 里央菜と出会えてからは初めての、ぐだぐだになりそ

記事を読む

恵まれているけれどもキツい日々。

  まさか……あんなに可愛らしいリスに、ここまで辛酸を舐めさせられるとは想像すらして

記事を読む

ながーい道だけれども。

  日々の仕事がなくなって、実質的に専業主夫として生活を初めてそろそろ二ヶ月。時が経つの

記事を読む

どうすりゃいいんだ。

久々にパソコンに向かって、文章を書いてみることにしました。 久々の自分語りです。何回か書くのを中断

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Sponsored Link

PAGE TOP ↑