*

寒さを通り越す痛さのブルックリン橋を越えて

公開日: : 最終更新日:2014/11/30 オススメいろいろ




 

なめてました。情けない程にリスクマネジメントができてませんでした。

米国東海岸の冬がどれほどの寒さになるのかを中途半端に予想して、実際に寒さを経験しながらも、「まぁなんとかなるだろっ」っと冬の渇いた風を遮るものが何もない橋の上へ。つまりは海の上へ。

 

でも、そこから見える景色はとても素晴らしく。暖かい春に、もう一度戻ってきたい風景でした。寒さで空気が澄んでいるのも良かったのかもしれないけれど。

 

 

nyc-13

 

 

ブルックリン橋の歩道&自転車道路への階段へ向かう前に、渡る橋そのものの前回を一枚。やっぱりお洒落だなぁと思うのです。

 

 

nyc-b2

 

 

さて、遊歩道への階段を昇ると、一気に違った風景に。左右に自動車専用道路があり、ブルックリンとマンハッタンを行き交う車を左右に見下ろす形での散歩となります。人がいることにビックリ。みんな厚着はしてたけれど。そしてランニングをしてる人も多かったです。

 

 

nyc-b3

 

 

右側が自転車専用。

左側が歩行者専用。

厳密ではないようだけれど、しっかりと区切られていました。そして、その片方のレーンの幅にしっかりとサイズを調整したパトカー。前輪は一つの三輪自動車でした。なんか、可愛い。

 

 

nyc-b5

 

 

橋の上から南へ視線を移すと、自由の女神が見えます。

小さーく、不自然なエメラルド色の物体が自由の女神です。

 

 

 

 

 

nyc-b6

 

 

こうした”鍵”がかけられる所には、結構な数のメッセージが書かれた鍵がかけられてありました。愛を誓う文面が多かったです。日本でもあるし、基本、世界で人は同じことするんだなーっと。

 

 

nyc-b7

 

 

 

無機質な鉄工の奥に映る、これまた無機質なビル群。

そんな無機質な中に美しさを感じるのだから、人間の作るものは面白いと思うのです。

 

 

 

 

nyc-b8

 

 

 

ちょうど朝日も上がってきて(だいたい午前10時頃)、東を望むと橋の中央のゲートと太陽がいい感じにフレームに収まりました。実はこのあたりでは日差しが強くなってきてくれて、それほど寒くなくなってました。それよりも、たくさん動いて汗をかき、中途半端な装備のヒートテックが汗を吸い取ってくれず、汗が渇いて寒さを感じるという、なんとも言えない悪循環(笑)

 

nyc-b10

 

 

一人旅の寂しさと楽しさ。

最後に歩道専用マークの人と頭を突き合わせた形で、自分の影の写真を。影も綺麗でした。

 

 

観光客に優しいニューヨーク。

橋を渡り終えると、そこには地下鉄の駅がすぐにあったり、ホットドッグが買えたりするフードトラックがあったりと、辛いことばかりではありません。時間がたんまり残っていた僕は、あえて地下鉄には乗らず、歩いてTimes Squareまで戻ることにしたのです。

 

そこまでの写真とまとめを最後に。

→続きます。

Sponsored Link

+ + + + + + + + + + + + + + + + + + +
ブログランキングに参加しています!
クリック頂けると嬉しいです。明日も頑張れます。

育児 ブログランキングへ
+ + + + + + + + + + + + + + + + + + +
= = = = = = = = = = = = = = = = = = =
*コメントを書いた後、エラーになる事が確認されています。もしエラーになった場合は、CONTACTから直接メッセージを頂けますと助かります。
*Sometimes, this blog blocks your comment and display an error message. In that case, please send me your comment by filling the Contacts Page above and clicking the button showing "送信". Thank you !
= = = = = = = = = = = = = = = = = = =

関連記事

HELIX – 黒い遺伝子

  家にひきこもる予定の嫁の冬季休暇に合わせて、めちゃくちゃ久しぶりに契約をしたNE

記事を読む

ブレイキングバッド ファイナルシーズン

  落ち着いた週末が終わって、ここペンシルベニア州でも、ほんの少しだけだけれど春の暖かい

記事を読む

結構寒いブルックリン

  「ちょっと寒いニューヨーク」からの続きです。   地下鉄で

記事を読む

一年ぶりのタイムズ・スクエアから見える景色

  さて、過去4回にかけて結構な量の写真を紹介してきた訳ですが、最後にブルックリン橋

記事を読む

【ネタバレなし】Terra Nova 〜未来創世記

  どこにも行かないっと予定を全く立ててないクリスマス休暇。 正確に書けば、「

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Sponsored Link

PAGE TOP ↑