*

4ヶ国語で子育てっ。




 

今更ですが、僕は生粋の日本人です。

生まれも育ちも日本で、高校卒業するまで海外に出たことは一度もありませんでした。飛行機の経験も皆無。家族や親戚で海外に出て生活するのも、たぶん第1号なはず。それくらいの生粋の日本人です。基本的に日本好きだし、なにより日本語という言語が大好きです。

 

マリナは俗にいう「アシュケナジ」という民族(?)に分類されます。

東欧旧ソ連で生まれ、イスラエル建国のあと、マリナのご両親がイスラエルへの移住を決断されました。国籍的に言えばイスラエル人です。母国語はロシア語。家族内の共通語もロシア語。でも家族が住んでいる国の言語はヘブライ語。で、仕事と結婚生活で使っているのは英語。

 

そんな僕らから産まれた里央菜は、アメリカ国籍も持った(一定の年齢までは)3国籍保持の女の子になります。病院の診断には「White (白人)」って書いてあるし(笑)ま、マリナの見た目が白人だから仕方ないのですが、でも里央菜、日本人っぽい顔してるのだけどな。

 

多言語での子育て

 

 

「アメリカに住んでいる以上、英語なんてすぐに身につくのだから、母国語で話してあげてね。」

 

っというのは、日本人であるかどうかに関わらず、多くの人から頂くアドバイスです。

 

当初の予定では僕が日本語で、マリナがヘブライ語で、そして夫婦の間ではいままで通り英語で、コミュニケーションをとって里央菜に言語を学んで貰えればと思っていました。

……が、現実はそんなに甘くなかったのです。(笑)

 

 

まずマリナ。もう母性が刺激されまくって、気がついたら母国語のロシア語になっています(笑)イスラエルに家族で帰省したり移住することはあっても、ロシア語圏に行くことはまずないから、ヘブライ語にしようって話をしていたのに、もうロシア語漬け(笑)俺がヘブライ語の授業取ってる意味があるのかと思うくらいです。(ヘブライ語そのものは楽しいからいいのだけど。)

 

僕は僕で、日本語を頑張って話しかけようとしているのだけれど、逐一僕の行動を言葉にすることくらいしかできてなくて。

 

「オムツかえるよー」

「ミルクの時間だよー」

 

こんな日本語しか使ってません。

それ以外、マリナとの共同作業は英語で叫び(実際は叫んでないけど)ながらのやりとりなので、マリナと一緒の時のミルクだったりおしめ替えだったりは、気をつけないと英語になってしまって。

 

「それぞれの母国語は簡単に教えられるさ。」

 

なんて思っていましたが、甘いあまい。相当の覚悟が必要になりそうです。

 

最近、ツイッターでフォローするようになった、@nynuts さん。

ツイートの中に、「話しかける言語を混ぜちゃまずい」との記載があって、僕自身もなんとなくですが身にしみることがあり、今後はできる限り気をつけるようにしなきゃと思うところ。特に子供が言語を音だけじゃなく、言葉として認識する時には、しっかりと日本語を娘に教えてあげたいと思うのです。

 

leona-8

 

 

日本語を強制するわけではないのです。難しい顔をして、言語を強制的に叩き込むのが正解だとは思いません。それ以上に伝えなければいけない大切なこともあるし、なにより愛情が一番大事だとも思っています。

 

ただ、父親である僕が大好きな、そして誇りに思っていて、一番自信がある言語を、娘にも知って貰えればと思うのです。そして将来、万が一日本という国に住む決断をする時があれば、娘に「選べるという未来」を持っておいてほしいなっと。

 

人生のレールを引くんじゃなく、人生の選択肢というチケットをたくさん準備してあげるのは、親の仕事の一つなのかなっと。

 

国際結婚に伴う多言語での子育て。

バイリンガル子育てにかんしては出版物もあるし、いろんな情報は公開&シェアされているようだけれど、それでも日本の幼児教育の充実に比べればまだまだ発展していけそうな気がします。日本語が母国語にはならない現状で、第二、あるいは第三言語としての日本語を、いかに幼児教育で教えていくか。逆に言えば、日本で英語を必死に幼児教育されてらっしゃる方々の情報が一番近く、役に立てるのかなとも思ったり。

 

ふむ。

 

今後も試行錯誤&努力が続きそうです。

とりあえず簡単じゃないってことはわかり、覚悟が決まりました。父ちゃん、がんばるぜ。

 

 

 

 

 

Sponsored Link

+ + + + + + + + + + + + + + + + + + +
ブログランキングに参加しています!
クリック頂けると嬉しいです。明日も頑張れます。

育児 ブログランキングへ
+ + + + + + + + + + + + + + + + + + +
= = = = = = = = = = = = = = = = = = =
*コメントを書いた後、エラーになる事が確認されています。もしエラーになった場合は、CONTACTから直接メッセージを頂けますと助かります。
*Sometimes, this blog blocks your comment and display an error message. In that case, please send me your comment by filling the Contacts Page above and clicking the button showing "送信". Thank you !
= = = = = = = = = = = = = = = = = = =

関連記事

改めて母親の存在と、その能力を。

  弟の結婚式でハワイにおりました。 体感気温で氷点下20度にもなるペンシルバ

記事を読む

ひたすら動いてみること。

  今日は一日、アメリカの首都D.C.にモンロー研究所で知り合った友達を訪ねておでか

記事を読む

アメリカの歯医者さん。

  久々の社会との繋がりは歯医者のアポイントメント。 今入っている保険の特典で

記事を読む

知らなくてもいいことばかり。

      「FBから距離を置くぜっ」っとか、かっこよさげな

記事を読む

雨漏りと、ニューヨークと。

  車で三時間と少しでニューヨーク…という場所に住んでいながら、人混み嫌いと日々の新

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Sponsored Link

PAGE TOP ↑